園長挨拶

「三つ子の魂百まで」

園長 髙橋恵司

園ではさまざまな活動を継続的に取り入れて感性を磨き心を育て、

心身ともに健康で豊かな創造力をもった子に育てる

ことを本園の教育目標としています。

子どもたちに必要な能力は、感じる能力つまり感性です。四季の移り変わりを感じ、美しいものを美しいと感じ、楽しそうとか可哀そうと感じることから、人としての心が育っていきます。また、どんな知識や学問を持ち合わせていても、豊かな感性がなけれが真の価値を発揮することはできません。その大切な感性を育てる時期が幼児期なのです。三つ子の魂百までと言われる二度とない大切な幼児期に、人の人生に必要なあらゆる能力の基礎作りを、幼児教育を通してお手伝いさせて頂きます。

幼稚園は教育の場心を育てるところです。

楽しく! 正しく!! 元気よく!!!

投稿日:2017年2月26日 更新日:

Copyright© まつさか幼稚園のホームページ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.